【自分をランクアップさせてくれる「革のもの」】

こんばんは。mikiri leather worksです。

本日まで家族全員がお休み=作業ができなかった、ので、
少し私のことを書きたいと思います。

mikiri leather worksでは、
ひとつひとつ手縫いで作ること
オーダー・セミオーダーで作ること
をこだわりたい点として挙げています。

オーダー(自分好みにカスタマイズしたものを作る)の楽しみについては、
以前、オーダーの楽しみ~想いが形になる~に書きました。

今日は、「なんで、革なの?」という部分について。

私と革グッズとの出会いは、大学入学時にさかのぼります。
今からずばり、22年前(わぉ!)。

私は、大学の入学式に持つための、ポシェットのようなものを探していました。
あちこちのかばんやさんを覗いて回っていたのですが、
なかなか思うようなものが見つかりませんでした。

疲れたな~、なかなかピンとくるものが見つからないな~、と思いながら、
ぷらっと入ったのが、BREEのショップでした。
そこで、これいいな、と思うポシェットに出合いました。

BREEはドイツのバッグのブランドで、ヌメ革が多く使われています。
使う前に、まず日のよく当たるところに置いておいてください、
2~4週間、しっかり日光浴させて育ててくださいね。
というようなことを言われました。

バッグを育てる、ということが、私にとってはとても新鮮で、
とても興味を持ちました。

形も気に入っているし、育ててみたい、とも思うけれど、値段が、、、。

高校を卒業したばかりの私には、とても高い買い物でした。
でも、革という素材、育てるように付き合っていく革、
それは、なんだか、自分を大人に近づける、
自分をランクアップさせてくれるもののように感じた
のだと思います。

ずっと大切に使おう!と心に決め、えいやっ!と買いました。

この経験が、私と革との原点になっています。

そのポシェットは、今でも時々使っています。
BREEのポシェット
雨シミをたくさん作ってしまっていますが、
それも思い入れが深いものになっています。

そして、大学を卒業し、社会人になる節目の時、
大学入学前と同じように悩み、清水の舞台から飛び降りて
BREEのヌメ革のシステム手帳を買いました。

これもやっぱり、「社会人になる自分を勇気づけてくれるもの」
として、持ちたかったんだな、と今となっては思います。

これから新しい世界・新しいステージに飛び込もうとしている人にとって、
自分を勇気付けてくれるような、
自分をランクアップさせてくれるような、
そんな革のものを、今度は私が作っていくことができればな、
と強く思っています。

・・・・・・
ぽちっとしていただければ嬉しいです♪