部屋をざざっと片付けまして。
空間を広くとりまして。
革を広げて、型紙を配置。

粗裁ち

銀ペンで線を引いておいて、、、
ここはカッターでざっくり切り落としてしまいましょう。
はい、粗裁ち終了!(ちょっと余分な部分が残ってますが。。。)

粗裁ち完了

やりかけると大したことはないんだけど、
革を広げる、というところで物理的にハードルが若干上がります(笑)
本当にこの型紙でいいのか?というところで心理的にもハードルが上がります。

でも、えいっ!と意を決して切り出すのです。
ここまでやっておくと取り回し易いので、
作業台でちょこちょこ作業することも可能かな。

今回は小さい革だったので、それほど大変ではなかったけれど、
これが半裁ち(牛1頭分の革を背骨に沿って半分にした大きさ)だと、
部屋いっぱいいっぱいです。さらにハードルも上がるというもの。

ともかく、今回は革が小さかったし、型紙数も少なかったので、あっさりできて一安心。
ちょっといろいろ考えるところがある小物ですが、ぼちぼち進めます♪

・・・・・

ぽちっとしていただければ嬉しいです♪